不動産業者の営業さんと住宅ローンの担当者さんの話

中古住宅を探しています。
ネットで検索して、休みに場所を確認、ネット上の内部の写真も気に入りましたが、住宅ローンの審査が通るかが心配で、軽々しく不動産業者に問い合わせなどできません。
住宅ローンの無料相談のため金融機関の窓口に行くと、資料が欲しいと言われました。
自分の考えとしては、融資がどこまで可能か知った上で、物件探しや、不動産業者へ相談と思っていましたが違ったのでしょうか、やはり一度は不動産業者とコンタクトを取らねば先に進みそうもなく、資料が欲しいと連絡をしました。
「まずは現地を見ましょう」と誘われ、現地内覧と同時に銀行へ提出する資料をもらいました。
買えるかどうかわからないのに、中まで見て、営業されても困ってしまうと思っていましたが、不動産営業さん曰く、まずは気に入ってもらうこと、欲しい物件があって、住宅ローンはその後の買えるかどうかの方法論で、手続きに過ぎないと言ってくれました。
銀行の担当さんの話もごもっともで、何が欲しいのか、何を買うためのローンなのか、その資料が欲しいのではないかと説明してくれました。
不動産業者の営業マンですので、グイグイ攻められるかと思いきや、今後の手続きも方法も教えて頂き、お手伝いもしてくれました。
物件探しと融資の話はどちらが先と言うよりは同時並行に行い、良い営業さんと良い銀行担当者のサポートが良い物件に繋がっていくんだと思いました。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.